メニュー

「CMやテレビドラマなどのメディア案件の交通費について」 - ダンサーキャスティングCM振付師依頼|ZERO CREATION

COLUMN

「CMやテレビドラマなどのメディア案件の交通費について」

公開日:2021年10月05日(火)
「CMやテレビドラマなどのメディア案件の交通費について」
 
本日はCMやテレビドラマなどのメディア案件の交通費についてのコラムになります。
メディア業界にあまり馴染みがない新人の方などは「交通費は出ますか!?」という質問をしてくる方が時々います。
例えばお台場のフジテレビで撮影だとしてあなたの自宅最寄り駅が新橋だとするとフジテレビまでの交通費は僅かですが神奈川の相模原だとすると交通費は結構な金額が掛かってしまいますよね。
しかしながら基本的にメディアキャステイング案件は最初の募集要項の時点で「交通費別途支給」と記載されている場合以外は交通費込みの金額になってしまうので注意が必要です。
その割合で言うとメディア案件の95%くらいが交通費込みの案件と言っても過言ではありません!
 
都内近郊で行われるCMやMVなどのメディア案件は、ほとんどが交通費込みの案件になります。
都内近郊と言うのがどこまでかと言うと微妙ですが、例えば神奈川でも横浜近辺までは都内近郊扱い、埼玉でも大宮や春日部などは都内近郊扱いになりケースが多いです。
千葉の場合は千葉駅くらいまでは都内近郊扱いが多く、外房線や内房線などは交通費別途支給されるケースが多いです。
静岡や栃木、群馬、茨城などで現地集合であればほとんどが交通費別途支給になるでしょう。
しかし、遠方の場合は現地集合よりも都内新宿や渋谷集合で制作が用意したロケバス移動のパターンが多いですね。
 
それではどの媒体や案件が交通費支給なのか!?交通費込みなのか!?と言うとケースバイケースであり、制作会社の方針にもよりますし、予算などにもよるので一概には判断できません。
例外のようなパターンもたくさんあるのでどのようなケースがあるか見てみましょう。
 
①映画の場合
日本の映画の場合、海外の映画と違い予算が基本的に潤沢にある訳ではありません。
映画の仕事の場合、エキストラの場合は1日幾らですが役の場合は何日拘束されてもグロスで(まとめて)幾らというケースが多いです。
稼働日数が多くギャランティが安いケースもあり、1日単価にすると役付きにも関わらず1日の単価はエキストラ以下になってしまう場合もあり得ます。
映画の場合は他の媒体に比べてギャランティが最も安く基本的に交通費込になってしまうものがほとんどです。
 
②CMの場合
CMの撮影の場合は案件にもよるのですが他の媒体よりギャランティの設定が高い場合が多いです。
ピンキリではありますが大手企業や海外有名ブランドなどのCMでメインキャストなどでキャステイングされた場合はダンサーでも100万円や200万円の報酬が発生するようなこともあります。
CMの場合はギャランティの設定が他の媒体より高い分、交通費込の案件がほとんどになります。
 
CMの場合の例外は遠方に住んでいる方はどこに住んでいても、その交通費の全額支給しますと言うケースもあります。
例えば札幌や福岡に住んでいる方でも合格者には飛行機代や新幹線代を全て支給されるレアケースもあるので、そのような場合は遠方に住んでいる方でも張り切ってエントリーしてみましょう!
この遠方の方の交通費全額支給パターンはCM以外の媒体では見たことはありません。
 
③MVの場合
MVも予算がたくさんある訳ではないのでギャランティは決して高くありません。
しかしMVは少ない予算ながらも、その作品の世界観に適した人材をキャステイングしたい傾向が色濃いため、他の媒体に比べ若干交通費別途支給の割合が多い傾向にあります。
 
ギャランティ15000円+交通費別途支給
 
募集要項が上記のような記載の仕方の場合、自宅最寄り駅からの交通費が支給されます。
ここで1点注意があります。
 
この交通費の清算の仕方が
・最寄り駅を申告するのみ
の場合は制作会社であなた自身の最寄り駅から撮影現場までの交通費を計算してギャランティ支払い時に支給されます
・稀に自宅から現場までの領収書を求められる場合もあります。
現代ではほとんどが交通系ICカードで支払いをするので領収書をもらうのが非常に面倒です。
路線を乗り換える場合などは乗り換えるたびに、その路線の領収書をもらわなければいけないので大変ですが必ず領収書をもらってください。
 
④ドラマやテレビの再現VTRの場合
テレビドラマや再現VTR、広告はロケ地が、都内近郊の場合、交通費込みのことが多いです。
しかしながらドラマは制作会社によります。
制作直のものは山手線起点で基本交渉していますが、
他社様経由の場合や、制作会社によってはそれぞれの事務所や制作会社の考え方に従います。
「都内23区は出ない(市には出ます)」「緑山の時は鶴川~バス代のみ出る」などあります。)
 
番組によりギャラが3000円の時、4000円の時があるのですが、基本東京都での撮影には交通費が出ません。
※たとえば青海市とか23区では無いですが、交通費は出ません。
 
3000円+交通費(〇〇駅~168円)など書いてある募集の場合は自宅からの交通費ではなく、撮影場所の起点となる駅からの交通費のみが出ます。
逆に、県外のロケでも交通費が書いていない時は出ません。ご注意ください。
以前、御殿場ロケで片道2000円だけど出ませんでした。
案件の募集時に書いていない場合は基本交通費は出ません。
もし、ロケ地が遠方で疑問に思ったら、撮影前に確認ください。
あとから言われても、交渉できませんので何かあれば必ずエントリー時に確認することが大切です。
 
本日はメディア案件の交通費事情について記載しましたが如何でしたでしょうか?
少しでも皆さんのお役に立てたならば幸いです。

Copyright© ZERO CREATIONAll Rights Reserved. - [login]