メニュー

COLUMN

乗り物とロックダンス

公開日:2022年01月27日(木)

乗り物とロックダンス

 

ストリートダンスのさまざまなことに関する記事を書かせていただいているこのコラムですが、今回は一風変わった特集を考えてみました。

それは【乗り物に関するネーミングのついたLOCK DANCEのムーブ特集】です。

みなさんもご存知かと思いますが、ヒップホップなどさまざまなダンスのステップや動き、リズムの取り方や表現方法などには、名前がつけられていることが多いですよね。ヒントになった元の動作やキャラクターの名前からとってつけられたものや、その動きが生まれた地域の名前をつけたもの、もしくは売り出したい楽曲のタイトルをダンスの名前にしたものや、そのダンスが流行った時代を象徴する事件の名前に由来するものもあったりします。そういった歴史や成り立ちを知るのも非常に興味深いですよね。

ストリートダンスの中でも、オールドスクールと定義されるジャンルの1つであるロックダンスもその例に漏れず、その名前にいろいろな由来を持つムーブが数多く存在します。以前のコラムでもいくつかご紹介していますので、もしよろしければご一読いただければ幸いです。

さて、今回の本題に参りたいと思います。


● 乗り物に関するネーミングのついたLOCK DANCEのムーブ
先に述べたように、今回はこちらのテーマに沿ったダンスを3つご紹介して参ります。


①VOLKS WAGON(フォルクスワーゲン)
車がお好きな方などは耳馴染みもある名称だと思います。そうです、あの有名なフォルクスワーゲンです。これはどんなダンスかと言いますと、両手を前に突き出し、ハンドルを握るような形にします。その構えのまま、膝を上げてジャンプしたり、向きを変えたりするような動きを楽しむダンスです。(決まったカウントなどが特にないので説明が難しいですが…みなさんの想像力に期待いたします)

その飛び跳ねる動きを基盤としながら、シートベルトをしめる、バックミラーの位置を調整する、サイドレバーを引き急発進するようなアクションを入れる、などの車にまつわる動作をアニメのキャラクターのように取り入れるとまた奥深い楽しみが出来る、自由度の高いダンスです。

気になるのはその由来…どうしてこの動きが出来たか、です。ロックダンスのオリジネイター集団である「THE LOCKERS(ザ・ロッカーズ)」のメンバーの1人(おそらくPENGUIN氏)が乗っていた車の調子が悪く、跳ねるような動きをしていたことから、周りの人が面白がってそのムーブを生み出したということらしいのです。不調の車を見てダンスを創り出すなんて、本当にエンターテイメント性や創造性が高いですよね。そのエピソードだけでも感心させられてしまいます。


②HELICOPTER(ヘリコプター)
今度はヘリコプターです。ロックダンスの代名詞とも言える特徴的なムーブである「SCOOBOT(スクーボット)」と「SCOOBY DOO(スクービードゥ)」をミックスさせ、そこにヘリコプターのイメージまで織り込んだような動きになります。

1カウント目はスクーボットと同じ形です。2カウント目で両手をクロス…はさせずに、トゥワルした右手を左下に差し込むようにします。体は左側を向きます。3〜4カウント目で右手を時計回りに大きく回転させ、クラップします。この時に右足から蹴り上げるようにスクービードゥをします。

イメージ出来ましたでしょうか?前半がスクーボットで、後半がスクービードゥ、その合間に腕を回すことでヘリコプターを表現するといった具合です。よく見る動き同士の組み合わせではあるものの、ヘリコプターというムーブ自体は頻繁に踊られているのを見かけません。普段の振付やバトルなどのアクセントに、取り入れてみてはいかがでしょうか。


③AIR PLANE(エアプレーン)
エアプレーンとは、飛行機という意味です。両手を水平に伸ばしたまま体を回転させつつジャンプするという技になります。

もう少し具体的に解説しましょう。体を右向きにした状態から、左手と左足を上げて勢いをつける準備をします。それらを振り下ろしつつ右手を後ろから前に放物線を描くように持ってきます。その手と一緒に運んできた右足で大きく上に跳びます。その時半時計回りに体を横回転させ、左足から右足の順に着地します。

この一連の流れの中で、両手は伸びていて、縦に車輪が回転するような動きになります。それを意識しながらジャンプと横回転も同時に行うので、タイミングやコツを掴むまでは少し危険を伴う技であると言えますので、練習場所には注意してください。


●あとがき
いかがでしたでしょうか。車、ヘリコプター、飛行機と、いろんなモチーフをヒントに楽しくファンキーに踊りやコミュニケーションを楽しみつつ自己表現や音楽へのアプローチをするロックダンス、そう捉えるとまたさらに楽しみ方も奥深く興味深いものになっていくのではないでしょうか。今回ご紹介したもの以外にも乗り物からインスピレーションを受けてできたダンスもあるかもしれません。自ら開発してみるのもいいでしょう。そういったキッカケになれば幸いです。

 

乗り物とロックダンス・ダンサー専門事務所ゼロクリエーションのダンス辞典

 

#乗り物とロックダンス

#VOLKS WAGON(フォルクスワーゲン)

#HELICOPTER(ヘリコプター)

#AIR PLANE(エアプレーン)

#ダンスコラム

#ダンサーお役立ち

#ダンス辞典

#ダンス専門会社

#ダンス専門事務所

#ダンサー必読

#ダンサーキャスティング会社

#ダンサーキャスティング事務所

#ダンサーキャスティング登録

#ダンサーキャスティングなら

#ダンサー派遣

#振付師派遣

#CM振付

#CM振付師

#CM振付師キャスティング

#CM振付会社

#CM振付事務所

#CM振付専門

Copyright© ZERO CREATIONAll Rights Reserved. - [login]