メニュー

COLUMN

照明だけじゃない "光"とダンス

公開日:2022年11月18日(金)

照明だけじゃない "光"とダンス・ダンスと光 〜後編〜

ストリートダンスのあれこれについて日々書き綴っているこのコラムですが、今回は【 ダンスと光 〜前編〜 】という記事の続きの内容になります。よろしければそちらも併せてお読みいただけますと幸いです。まずは前回の概要についてお話しさせていただきます。ダンスを人前で発表するにあたって必要ないくつかの要素について考えた時に、振付・音楽などはもちろんとして、その他に衣装やステージも欠かせないものです。そして、今回のテーマとなるのは【光】つまりは照明です。同タイトルの前編の方でその内容については詳しく述べてさせていただきましたので、今回は、照明以外の【光】に関する内容をお届けしてまいります。


●照明だけじゃない "光"とダンス
ダンスで光の要素が使われるとしたら、どのようなものを思い浮かべますか?一番多いお答えは照明に関するものだと思いますが、その他にもいろいろなアイテムがコレオグラフ作品に用いられることもしばしばあります。ざっと例を挙げてみます。

・光る衣装
・光るペン
・その他、光る小道具

表現したいテーマに沿ったアイデアや見せたい対象物を輝かせるための工夫を、たくさんの振付師や演出家の方が考えられています。そういった趣向を凝らした作品の数々の中で、印象に残っているものから抜粋してご紹介したいと思います。


●光る衣装
LOCK DANCERである筆者が「光る衣装で特徴的なパフォーマンスは?」と言われてまずはじめに思い浮かぶのはやはり、THE LOCKERSのSLIM THE ROBOTというレジェンドダンサーのパフォーマンスです。THE LOCKERS(ザ・ロッカーズ)とは、1970年代初頭にアメリカの有名テレビ番組「SOUL TRAIN」から生まれたLOCK DANCEのパイオニアチームです。LOCK DANCEを創り、広めた…つまりそれは、ストリートダンスの原点と言っても過言ではない程とても影響力の強いダンスチームの1つなのです。

そのメンバーの1人である、SLIM THE ROBOT(スリム・ザ・ロボット)というダンサー名を持つ彼の十八番のパフォーマンスがありました。各メンバーがそれぞれのカラーを打ち出したソロを次々と披露した後、得意のロボットダンスでゆっくりと登場すると、突如スタジオの照明が落ち、暗くなります。ここから彼のアイデンティティは本領を発揮します。体に纏った衣装には、多くの電極が仕掛けられ、暗闇の中で光り輝き、ロボットダンスと相まってお客さんは盛り上がるのです。

また別のショーケース時においては、彼はまた別の光るアイテムを使います。それはなんと、炎です。ロボットダンスをしながら腕を中空にかざすと、腕に仕込まれた火炎放射器が一瞬火柱を走らせます。まさかダンスパフォーマンス中に目の前で火が走るとは思いませんから、会場からは驚きの声と拍手が沸き起こります。

このように、照明の光以外にもダンスを引き立たせるような手法はたびたび用いられます。

2010年頃のお話です。ある日本のダンス系のテレビ番組の中で、同じようにダンス中に照明が暗くなる場面がありました。するとダンサーの足元がカラフルな光を放ち、洗練されたステップワークを見せます。また別のチームは、蓄光性のある顔料で描かれたTシャツを着用したり、ブラックライトで暗闇にデザインが浮かび上がる仕掛けをしていたのを見たことがあります。普通に踊ってもカッコいいチームが、工夫を凝らして光るアイテムを使って更に観客を魅了したのです。キラキラしたり、光るものが好きな人が多いという心理を活かしているのかも知れせんね。


●光るペン
光る衣装の他に、演者がスイッチを押して光るペンライトなどを使う場合もあります。これはダンサーが手に持って使うわけですから、もちろん音楽に合わせた振付をしたりすることもできるわけなので、ダンスに変化をつけたい時には効果的な演出の一つであると言えます。その最たる例がいわゆる「オタ芸」と呼ばれるもので、はじめは単にアイドルのパフォーマンスに合わせて、合いの手のようにペンライトを振っていたのだと思われますが、そのペンライトを効果的に見せる動きなどが開発され、今や1つのジャンルとして確立されるほどに独自の進化を遂げています。


●その他、光る小道具
特に和のテイストの舞台作品などで見られる演出なのですが、踊る前に舞台(主に最前列や角など)に蝋燭の火のように見えるライトや灯籠のようなものを設置する作品もあります。衣装や振付や音楽のみならず、手持ちの傘や扇子といった小道具、また移動式の屏風などの大道具などの一種として、こういったライトが使われることもあります。明かりまでこだわり抜いた作品だということが伝わってきます。


●あとがき
いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したのはあくまでもほんの一部にすぎません。もし興味を持たれたり、そういった作品を見てみたい方はYouTubeなどで探してみてはいかがでしょうか。

 

 

照明だけじゃない "光"〜ダンサーとスタンドインキャスティング専門会社ZERO CREATIONのダンスコラム!

 

 

#照明だけじゃない "光"

#ダンスと光 〜後編〜

#光る小道具

#ダンスコラム

#ダンサーの為のコラム

#ダンサー事務所

#ダンサー専門事務所

#ダンス会社

#ダンス専門会社

#ダンサーキャスティング

#ダンサーキャスティング会社

#ダンサーキャスティング事務所

#ダンサーキャスティング相談

#ダンサーキャスティング依頼

#スタンドインキャスティング

#スタンドインキャスティング会社

#ダンサースタンドインキャスティング

#ダンサーエキストラキャスティング

#ダンス振付

#ダンス振付師

#ダンス振付師事務所

#ダンス振付会社

#ダンス振付専門

#ダンサー派遣

#振付師派遣

#CMダンス振付

#CMダンス振付会社

Copyright© ZERO CREATIONAll Rights Reserved. - [login]